日本も影響、世銀が15・16年見通し引き下げ

世界経済は減速傾向が鮮明に

 1月13日、世界銀行は経済見通しで、2015、16年の世界経済の成長率見通しをともに引き下げた。都内で昨年11月撮影(2015年 ロイター/ISSEI KATO)

[ワシントン 13日 ロイター] - 世界銀行は13日公表した経済見通しで、2015、16年の世界経済の成長率見通しをともに引き下げた。ユーロ圏や日本、一部の主要新興国の見通しが弱く、原油安による恩恵が相殺されるとの見方を示した。

2015年の成長率予想は3%とし、昨年6月時点の3.4%から下方修正。16年についても従来予想の3.5%から3.3%に引き下げた。

2017年については3.2%に減速すると見込む。

世銀は米国と英国の成長見通しが堅調となる一方、ユーロ圏や日本といったその他の先進国・地域が引き続き景気停滞やデフレ懸念に直面するとした。

世銀チーフエコノミストのカウシク・バス氏は記者団に対し、「世界経済は米国という単一のエンジンで動いている」と指摘。「これでは世界にとって明るい見通しとはならない」と述べた。

新興国では、景気が減速する中国のほか、特にブラジルとロシアが世界経済見通しの重しとなった。バス氏はインドの経済成長率について、中国の2016年の成長率に追い付き、17年に7%前後に達するとの見方を示した。

世銀は原油安について、原油輸入国の経済を押し上げるため、世界経済にとっては差し引きでプラスの影響を及ぼすとした。

ただ、年内の原油相場は低水準にとどまると予想する一方、プラスの影響が経済成長見通しに反映されるまで数年かかるとしたほか、短期的に市場のボラティリティーを高め、シェールオイルといった非伝統的オイル向けの投資を抑制するとの見方を示した。

そのため、原油安による今年の世界経済見通しに対する押し上げ効果は0.1%ポイントにとどまるとした。

また、原油安は世界的にインフレ率を抑制しかねない。バス氏は、デフレ懸念がさえない世界経済見通しや米国賃金と相まって、米利上げを予想よりもゆっくりと進ませる可能性があると述べた。

*内容を追加します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働き方改革を実現する<br>仕事のスリム化

「ノーミーティング・ノーメモ」の方針を打ち出すカルビー。会議を効率化する日産自動車。朝型勤務者に朝食を支給する伊藤忠商事。従来と異なる発想で業務を効率化する企業に迫る。