闘う!ウイルス・バスターズ 最先端医学からの挑戦 河岡義裕、渡辺登喜子著

闘う!ウイルス・バスターズ 最先端医学からの挑戦 河岡義裕、渡辺登喜子著

一昨年春にメキシコから全世界に広がり今世紀初のパンデミックを引き起こした豚由来の新型インフルエンザ。いち早く原因ウイルスを入手した著者たちは、その正体を知るべくさまざまな実験に取り組み、1カ月という短期間で論文を発表する。

1980年代に始まったHIVの流行以来、SARS、ノロウイルス感染症、口蹄疫、鳥インフルエンザ……。次々に現れては世界を混乱に陥れるウイルスと闘う、世界の最前線の研究者たちの動向を日本のトップ研究者が語る。

ウイルスを研究する面白さやその制圧の難しさをわかりやすく解説。一方でテロ発生の危険がなくならない中、国際政治と無縁でいられないシビアな側面にも触れる。

朝日新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。