闘う!ウイルス・バスターズ 最先端医学からの挑戦 河岡義裕、渡辺登喜子著

闘う!ウイルス・バスターズ 最先端医学からの挑戦 河岡義裕、渡辺登喜子著

一昨年春にメキシコから全世界に広がり今世紀初のパンデミックを引き起こした豚由来の新型インフルエンザ。いち早く原因ウイルスを入手した著者たちは、その正体を知るべくさまざまな実験に取り組み、1カ月という短期間で論文を発表する。

1980年代に始まったHIVの流行以来、SARS、ノロウイルス感染症、口蹄疫、鳥インフルエンザ……。次々に現れては世界を混乱に陥れるウイルスと闘う、世界の最前線の研究者たちの動向を日本のトップ研究者が語る。

ウイルスを研究する面白さやその制圧の難しさをわかりやすく解説。一方でテロ発生の危険がなくならない中、国際政治と無縁でいられないシビアな側面にも触れる。

朝日新書 819円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。