2015年、クルマのIT化はどこまで進む?

ウェアラブルにドローン、どう影響するのか

アップルの「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」など、次世代型テレマティクスの登場でスマホとクルマが急接近。2014年はクルマとITの融合が本格的に始まった年だった。

それでは 2015年、ITの本場、アメリカでは何が起こるのだろうか? 筆者のこれまでの各種取材をもとに、注目すべき2015年のクルマとITの動きを紹介しよう。

ウェアラブルとヘルスケアの車内進出

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

メガネ型デバイスの「Google Glass」など、ウェアラブルなデバイスが話題となったのは2013年のこと。そして2014年には、ソニーやサムソンから腕時計型デバイスが登場するも、ブレイクするまでにはいたっていない。

その理由は、世界市場全体が「Apple Watch」を待っているからだろう。

心拍を読み取り、加速度センサーにも連携するApple Watchは、ヘルスケアとの連携がキーとなってくるため、「CarPlayとApple Watchがヘルスケアと連携すると、運転の安全性、自動車保険など、様々な研究領域でビジネスモデルが構築できそうだ」といった声が、多くの自動車開発者から聞こえてきそうだ。

次ページ注目のドローンでクルマは変わる?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。