インド合弁解消で見たホンダ2輪戦略の凄み

インド合弁解消で見たホンダ2輪戦略の凄み

新興国企業にキャッチアップされる日本勢。ここ数年、当然のように繰り返された構図が、ある案件で塗り変わろうとしている。

昨年12月。ホンダはインドで展開する2輪車合弁事業の解消を発表した。ホンダは自社の持ち分26%のすべてを、合弁相手である現地財閥、ヒーローグループに売却する。

2輪車メーカーにとって、インドは最重要市場と言っていい。2010年には販売台数が初めて1000万台を突破(下図)。現在インドは中国に次ぐ世界第2位の市場だが、人口増加率から中国を抜くのは確実とみられ、20年には2500万~3000万台市場に成長する、との見方もある。安価なコピー製品が横行する中国とは異なり、メーカーには安定的な利益も出しやすい。

合弁企業のヒーローホンダは、インドで4割以上のシェアを誇る(下図)。設立は1984年。市場で半分以上を占める排気量100�クラスの低価格モーターサイクルを得意とする。ホンダは99年、単独で全額出資の2輪子会社(HMSI)を設立したが、HMSIはスクーター中心という形ですみ分けてきた。


関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。