サントリーがmixiアプリに参入、ゲームでも商品をアピール

サントリーがmixiアプリに参入、ゲームでも商品をアピール

サントリーは昨年11月25日からSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のmixi内にアプリ「サントリーみんなのまち」を新設した。参加者は全員アプリ上で自分の家を持てる。マイミク(友人登録した人)が参加すれば、互いの家を訪問、秘密の宝箱を置くなどの交流も可能だ。現在では製品をテーマにしたアトラクションも続々登場。「ティー・チャー先生の家」では製品のウーロン茶に関するクイズが提供されている。今後はお酒について学べるアトラクションなども検討中だという。

サントリーがmixiを選ぶ理由は「2000万人いるユーザーと接点が持てるから」。開設の費用は決して安くないが、企業がテレビなど既存の媒体以外の宣伝ツールを発掘するのは容易ではない。ほかにもmixiではネスレ日本「キットカット」のアプリなどが定着。これらはすべて「プレイシューマー」と呼ばれて注目されている。消費者に実際にアプリのゲームをプレイしてもらうことによって、結果的に自社の製品の認知度を高めようというわけだ。

サントリーの場合、昨年末で4万5000人が登録、早期に20万人を目指している。アプリとリンクさせたホームページへのアクセス数はアプリ投入前の5~6倍に増加した。新たな宣伝ツールの効果はどこまで広がるか。

(張 子渓 =週刊東洋経済2011年1月22日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。