サムスン、「TIZEN」をテレビに全面採用

15年発売の全スマートテレビに独自OS搭載

 1月1日、韓国のサムスン電子は2015年に発売するすべてのスマートテレビに独自の基本ソフト(OS)「TIZEN(タイゼン)」を採用すると発表した。2014年9月撮影(2015年 ロイター/Stringer)

[ソウル 1日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は1日、2015年に発売するすべてのスマートテレビに独自の基本ソフト(OS)「TIZEN(タイゼン)」を採用すると発表した。

サムスンのビジュアルディスプレー事業プレジデント、KimHyun-suk氏はロイターとのインタービューで、「われわれは現在、タイゼンに集中的に取り組んでいる」とした上で、「このプラットフォームの拡大につながるエコシステムの構築に向け、他のテレビメーカーも採用することをわれわれは望んでいる」と述べた。

サムスンは長年タイゼンの開発を手掛けてきたが、このOSを搭載した製品は、スマートウォッチやカメラのいくつかのモデルにとどまっている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。