サムスン、「TIZEN」をテレビに全面採用

15年発売の全スマートテレビに独自OS搭載

 1月1日、韓国のサムスン電子は2015年に発売するすべてのスマートテレビに独自の基本ソフト(OS)「TIZEN(タイゼン)」を採用すると発表した。2014年9月撮影(2015年 ロイター/Stringer)

[ソウル 1日 ロイター] - 韓国のサムスン電子<005930.KS>は1日、2015年に発売するすべてのスマートテレビに独自の基本ソフト(OS)「TIZEN(タイゼン)」を採用すると発表した。

サムスンのビジュアルディスプレー事業プレジデント、KimHyun-suk氏はロイターとのインタービューで、「われわれは現在、タイゼンに集中的に取り組んでいる」とした上で、「このプラットフォームの拡大につながるエコシステムの構築に向け、他のテレビメーカーも採用することをわれわれは望んでいる」と述べた。

サムスンは長年タイゼンの開発を手掛けてきたが、このOSを搭載した製品は、スマートウォッチやカメラのいくつかのモデルにとどまっている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。