新幹線と日本の半世紀 1億人の新幹線-文化の視点からその歴史を読む 近藤正高著

新幹線と日本の半世紀 1億人の新幹線-文化の視点からその歴史を読む 近藤正高著

現在、新幹線は1970年代前半と並ぶ建設ラッシュに沸く。64年の東海道の開業以来全国に路線網を広げ、都市間の時間距離が短縮されたことで、ビジネスばかりでなく、ライフスタイルの新たな創造といった影響も見逃せない。

特筆されるのは、「情報機関としての新幹線」、それを一歩進めた「コミュニケーションメディアとしての新幹線」だ。たとえば、“遠距離恋愛”サポートの「シンデレラエクスプレス」。安全・正確・スピード・頻度というメカニカルなイメージの強かった新幹線に、ヒューマンな要素も付け加えることに成功した。

フリーランスの著者が、新幹線半世紀の歴史を社会動向とのかかわりの中で「外側」から見直す。

交通新聞社新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。