帰省ラッシュの軽減に一役買いそうな新技術

実用化はまだ先だが、期待が膨らむ!

毎年飛行機のチケットを取るのに苦労する人も多いはず……(写真:terumin K / Imasia)

1年のなかでも最大の渋滞、混雑が起こる帰省ラッシュの時期がやってきた。その渋滞、混雑を緩和することができるイノベーションはないものか。

そこで今回は、将来的には帰省ラッシュを緩和してくれる可能性がある技術を5つピックアップしてみよう。

イノベーションで帰省ラッシュは回避できる?

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

1:自動運転なら道が混雑していても疲れない

搭乗者がクルマを運転する必要がなければ、渋滞にはまったとしても疲労や苦痛はかなり低減される。

また、車間距離を正確に保てるようになったり、運転者の不注意による事故を防ぐことができれば、渋滞そのものも緩和することもできるだろう。そんな交通環境を実現してくれると期待されるのが、自動運転の技術だ。

いつごろまでに、どこまで実現するのかはわからないが、クルマは自動運転化に向かっているといって間違いはないだろう。

次ページもっとラジカルな方法がある?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。