「ベイマックス」、実は"戦隊ヒーロー"なワケ

「少年とロボットのふれあい」はホンの一部

こちらが日本におけるベイマックスのイメージだ©2014 Disney. All Rights Reserved.

12月20日公開のディズニーのアニメ映画『ベイマックス』が大ヒットしている。『アナと雪の女王』をヒットさせたディズニーの最新作だけに、いやがおうにも関心は高い。

中でも、ネット上で盛り上がっているのが「予告編」との違いである。この映画を未見の人もいるため、詳しいストーリーは明かさないが、『ベイマックス』のホームページからかいつまんで説明すると、以下のような内容だ。

舞台はサンフランソウキョウ

"優しさ"で世界を救えるか?©2014 Disney. All Rights Reserved. 

最愛の兄を失い心に深い傷を負った14歳のヒロの前に現れたのは、何があっても彼を守ろうとする一途なケア・ロボット、ベイマックスだった。日本とサンフランシスコからインスピレーションを得た架空都市サンフランソウキョウを舞台に、優しすぎるロボットと少年ヒロの感動のアドベンチャーが展開される――。

同映画の予告編も、上記のストーリーに沿った内容となっている。映画公開後の現在もネット上で視聴可能だ。主人公の少年とロボットのふれあいが強調される感動的な内容である。

ところが、映画を見た人の間では、映画と「予告編とは中身がまったく違う」という反応が目立つ。ヤフーのユーザーレビューでは平均4.35点(2014年12月30日時点)と高水準を維持しているので、内容に不満というわけではない。純粋に予告編との違いが問題視されているようだ。何しろ、映画をみると、悪と戦う戦隊ヒーローによる、激しい戦闘シーンが中心なのだ。

次ページ米国でのイメージは戦闘ロボ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。