日本の家電業界、需要は緩やかに回復するが、厳しい事業環境は変わらず《ムーディーズの業界分析》


コーポレート・ファイナンス・グループ
AVP-アナリスト 高橋良夫

ムーディーズは2009年11月、日本の家電業界に対する見通しを「ネガティブ」から「安定的」に変更した。これは、09年前半に市場が底打ちし、最悪期が過ぎたと判断したためである。しかしながら、その後も市場環境の大幅な改善は見られていないことから、ムーディーズは10年12月に、同業界に対する見通しを「ポジティブ」に変更せず、安定的のまま維持することとした。この見通しは、今後12カ月から18カ月で同業界の事業環境と信用状況が著しく悪化または改善することはない、とのムーディーズの見方を示すものである。

第一に、先進国経済は引き続き軟調に推移しており、全体の需要改善ペースは緩やかである。足元では、主に新興国市場における需要拡大を背景に、家電製品に対する需要は全般的に回復し、それに伴い供給も改善傾向にある。しかしながら、米国および欧州市場が引き続き低調であることから、需要回復のペースは緩やかなものとなっている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。