「非アルコール性」脂肪性肝炎とは?

年末年始「3キロ増」「だるい」は危険なサイン

年末年始の食べ過ぎに注意!3キロ太ったらお酒を飲んでいなくても、肝臓を傷めている可能性がある(写真:imasia)

年末年始は、飲食の機会が増えて、いつも以上に食べてしまいがち。気がつけば体重が約3キログラムもアップ!身体が重く感じられるだけでなく、なんとなくだるい。このとき、アルコールを飲む習慣がなくても、肝臓がダメージを受けていることがあるという。

「なんとなくだるい」=脂肪肝の疑い

東海大学医学部付属東京病院健診センター長を兼務する西﨑泰弘副院長が説明する。

「肝臓は、食事からのブドウ糖や脂質を代謝し、エネルギー源として使われないものは、中性脂肪として蓄えます。蓄える脂肪が多すぎると、『脂肪肝』といって肝細胞の中に脂肪が溢れたような状態になって、炎症を引き起こすきっかけとなるのです。アルコールの飲み過ぎでは、2週間程度で脂肪肝になりますが、食べ過ぎが1カ月程度続いた状態でも、脂肪肝になります。初期段階では無症状のことが多いのですが、体重が増えて『なんとなくだるい』というのは、脂肪肝のひとつのサインでもあるのです」

脂肪肝の状態を放置していると、肝細胞の正常な機能が阻まれ、炎症を起こしやすくなる。アルコールをそれほど飲まなくても、食事量が多いだけで炎症を起こすのを「非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)」という。

NASHの患者は、最近、若年層を中心に増加傾向にあるそうだ。NASHを放置していると、肝細胞は「線維化(せんいか)」といって硬い状態になり、それが進行すると肝硬変や肝がんにも結びつく。脂肪肝はもとより、「なんとなくだるい」といった予兆も、見逃さないことが大切だ。

次ページ体重が3キログラム増えたら要注意!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。