日経平均5日続伸、1万7854円で終了

219円高も、買い一巡後は伸び悩み

 12月24日、東京株式市場で日経平均は5日続伸。一時240円高となり、12月9日以来、約2週間ぶりに1万7800円台を回復した。10月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 24日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は5日続伸。一時240円高となり、12月9日以来、約2週間ぶりに1万7800円台を回復した。外為市場での円安進行を買い手掛かりに、主力輸出株が上昇した。

もっとも、海外投資家のクリスマス休暇入りなどで市場参加者が乏しく、朝方の買い一巡後は指数がこう着。東証1部の売買代金は活況の目安とされる2兆円をやや上回る程度にとどまり、商いは盛り上がりに欠けた。

米ダウ<.DJI>が初めて1万8000ドル台に乗せたほか、ドル/円<JPY=EBS>が120円を回復するなど外部環境の好転を背景に序盤から買いが先行。トヨタ自動車<7203.T>やホンダ<7267.T>、ソニー<6758.T>など主力輸出株が堅調だったほか、先物買いに伴う裁定取引を交え、ファーストリテ<9983.T>や東京エレクトロン<8035.T>、京セラ<6971.T>など指数寄与度の大きい銘柄が上昇した。

一方、日経平均は17日安値から4営業日で1181円上昇。年初来高値を付けた12月8日以降の調整局面からの急ピッチな戻りに対して警戒感が広がり、上値は限定された。後場の高安値幅は35円と小幅にとどまり、方向感が乏しかった。市場では「戻り一巡感が広がっているものの、昨年末のように年末にかけた『掉尾の一振』に対する期待感は根強い」(ちばぎんアセットマネジメント調査部長の奥村義弘氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、テンプホールディングス<2181.T>が後場に入り一段高。連結子会社のテンプスタッフが、パナソニック<6752.T>の100%子会社である人材派遣会社パナソニック エクセルスタッフの株式を取得して子会社化すると発表し、材料視された。

半面、石油関連株がさえない。再編期待などを背景に22日には昭和シェル石油<5002.T>やコスモ石油<5007.T>などが大幅高となっていたが、利益確定売りに押された。

東証1部騰落数は、値上がり1172銘柄に対し、値下がりが560銘柄、変わらずが128銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      17854.23 +219.09

寄り付き    17842.04

安値/高値   17800.42─17875.41

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1426.02 +12.97

寄り付き     1428.27

安値/高値    1423.80─1429.32

 

東証出来高(万株) 213937

東証売買代金(億円)20403.39

 

 

(杉山容俊)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。