BMW、全米にリコール対象地域拡大

タカタ製エアバッグ問題広がる

 12月22日、タカタ製エアバッグをめぐり、独BMWは全米にリコール対象地域を拡大したと明らかにした。ロサンゼルスのオートショーで先月撮影(2014年 ロイター/Lucy Nicholson)

[デトロイト 22日 ロイター] - 独高級車大手BMW<BMWG.DE>は22日、自動車部品大手のタカタ<7312.T>が製造したエアバッグの不具合をめぐり、一部車種の運転席側のエアバッグのリコール(回収・無償修理)の対象地域を全米に拡大したことを明らかにした。BMWがリコールするのは2004─06年モデルの「3シリーズ」約14万台。

タカタのエアバッグ問題をめぐっては、米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)がリコール対象地域を全米に広げるよう指示。これを受けホンダ<7267.T>、マツダ<7261.T>、米フォード<F.N>、フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCAU.N>傘下のFCA・USがすでに対象を全米に広げている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。