LINE突然の社長交代、出澤COOが後任

来年3月、森川亮社長は退任へ

12月22日、韓国検索サイト大手ネイバー子会社LINE(東京都渋谷区)は、 来年3月下旬に開催する株主総会後の取締役会で、出澤剛・最高執行責任者(COO)が、社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格すると発表した。(撮影:尾形文繁)

[東京 22日 ロイター] - 韓国検索サイト大手ネイバー<035420.KS>子会社LINE(東京都渋谷区)は22日、 来年3月下旬に開催する株主総会後の取締役会で、出澤剛・最高執行責任者(COO)が、社長兼最高経営責任者(CEO)に昇格すると発表した。森川亮・社長兼CEOは退任する。

2014年4月から、森川社長と出澤COOの代表取締役の2人体制をとってきたが、森川社長から、次期株主総会での任期満了をもって退任する意向が伝えられたという。

出澤氏は2014年1月からCOOを務め、同年4月に代表取締役COOに就任。LINEサービスなど事業全般の指揮を執ってきた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。