おカネはため込まずに思い切って国内に投資を--菅首相が経済人に新年のメッセージ


 私は日本の科学技術を使えば、植物から再生可能なエネルギーを取り出すことができる、もちろん、太陽エネルギーや地熱エネルギーも含め、そのことは可能である、と考えております。新興国の多くのリーダーの皆さんとお会いしますと、「自分たちは日本をモデルにして頑張ってきたんだ。日本にこれからも大いに先頭を引っ張ってもらいたい」。このような話を聞かせていただいております。

地球を救う技術において日本はどの国にも勝るとも劣らないものを持っている。このように確信をいたしております。どうか経済界の皆さんも、ぜひとも、せっかく大きく努力して稼がれたおカネをため込むのではなくて、思い切って国内に投資をし、有能な人材をどんどん雇用して、そして優秀な人にはどんどん、サラリーマンであっても給料を増やしていく、そういう攻めの経営を心からお願いを申し上げ、新年のお祝いの挨拶とさせていただきます。本年もどうかよろしくお願いいたします。ありがとうございました。
(武政 秀明=東洋経済オンライン 写真は10年の民主党代表選挙時 撮影:尾形文繁)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。