食品の腐り始めはガス検知センサーで見抜く

スマホで簡単にモニタリングの新システム

私は食品に表示された賞味期限を参考にはするが、厳密に守ることはしない。前日まで美味しく食べていたものが午前0時を境に食べられなくなるなんていうことが起こるはずがないからだ。

でも、食品が腐敗していたら、それがわかる仕組みがあればもちろんありがたい。どうすればいいか? ひとつには発生するガスを検知するという方法があるだろう。

スマホで簡単に情報を取得

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

そんなことが可能なセンサーをMIT(マサチューセッツ工科大学)の研究者が発表した。もちろん、大がかりでコストがかかるものでは実用にならない。すごくシンプルで、コンパクトで、安価なものだ。MITのウェブサイトで紹介されている。

MITで開発されたのは、シンプルなセンサーを使ってワイヤレスで有害ガスを検知し、スマートフォンで簡単に情報を取得できるものだ。安価でさまざまなところに設置することができる。

公共の場所で大気の状況をモニターしたり、倉庫で職員の腐敗を検知したりすることが容易になる。研究チームによれば、アンモニアガスや、過酸化水素、シクロヘキサンなどを検出できたという。

次ページどんな形で実用化される?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
疑われる日本<br>安保と原発

日本が抱える再処理プルトニウムは48トン。原子爆弾6000発分に相当する量だ。これに中国、韓国が疑念を抱き、東アジアで核兵器原料の増産競争が勃発するおそれも出てきた。