【産業天気図・石油・石炭製品】需給底堅く、足元の精製販売マージン弱含んでも「曇り」維持

予想天気
10年10月~11年3月 11年4月~9月

石油業界は2011年9月まで終始「曇り」にとどまりそうだ。
 
 10年度後半は「曇り」。日本の石油産業の中核をなす石油精製元売り大手の10年度上期業績は、各社とも上期は計画を上回る利益水準となった。業界挙げての生産調整に猛暑効果が加わり、精製販売マージンが大幅に改善した。下期はマージンがやや弱含むため「曇り」だが、「土砂降りの雨」だった09年度と比較すれば収益環境は決して悪くない。

大手精製元売り5社の10年度上期業績(12月期決算の東燃ゼネラル、昭和シェル石油は1~9月を集計)は、経常利益総額が約2640億円と前年同期の3倍近くに増加し、想定以上の回復ぶりを見せた。前年同期は2000億円近い在庫評価益を含んでおり、在庫関連損益を除いた前年度上期の真水ベースの経常損益は1000億円以上の赤字だった。一方、10年度上期の真水の経常損益は約3000億円の黒字で、実質的な改善幅は4000億円超に上る。

精製元売り業界は過剰設備を背景とした安売り合戦でマージン縮小が続き、09年度は真水の経常損益が軒並み赤字に転落。業界挙げての生産調整と安売り自粛に動き、10年度はガソリン、軽油、灯油などの精製販売マージンが大きく改善。ガソリン、軽油に関して言えば、猛暑によるカーエアコンの利用増加などで需要自体も好調に推移し、マージン改善に大きく寄与した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。