「PS4年末商戦、欧州で過去最高の需要」

SCEのアンドリュー・ハウス社長に聞く

 12月19日、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のアンドリュー・ハウス社長は、年末商戦期の据え置き型ゲーム機「プレイステーション4(PS4)」について、欧州市場で「かつてないほど強い需要がある」と述べた。9月撮影(2014年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 19日 ロイター] - ソニー <6758.T>のゲーム子会社、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)のアンドリュー・ハウス社長は19日、ロイターのインタビューに応じ、年末商戦期の据え置き型ゲーム機「プレイステーション4(PS4)」の販売動向について、欧州市場が非常に好調で「かつてないほど強い需要がある」と述べた。

昨年11月に販売を開始したPS4は、欧州市場では2度目の年末商戦となる。ハウス社長は「最新の報告では、在庫切れになりそうなほど」の需要があるとし「生産や流通を工夫して、この強い需要で品切れを起こさないようにしたい」と述べた。

米国市場においても、PS4は2度目の年末商戦になる。ハウス社長は「事前に見込んだ通りの売れ行きと言える」と指摘。ただ、マイクロソフト<MSFT.O>の「XBOX One」との対決においては「11月は市場シェアの面では厳しかったと言わざるを得ない」と述べた。米国市場でマイクロソフトが、11月2日から来年1月3日までの期間限定で値下げを実施したことが響いたという。

今年2月からPS4を販売開始した日本市場は、米欧市場に比べて勢いがなかった。ハウス社長は、日本市場について「正直なところ、ゲームのスマホへのシフトが進んでいる」と指摘。携帯型ゲーム機「PSP」の時代から起こっている現象で「われわれは試されているが、ゲームのコンテンツが最も重要視される市場と言える」と分析した。

 

 

(村井令二  安藤律子)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。