匂い立つような刑事の凄みを映し出した1冊

『張り込み日記』を読む

神田には多くの古本屋が集まっている。英国人古書バイヤーはここで写真家・渡部雄吉の作品に出会った(写真:アフロ)(写真:三ツ目/Imasia)

実際の殺人事件を捜査する刑事たちに密着・撮影した、実録写真集。時代は、戦後まもない昭和33年、モノクロの陰影がバラバラ殺人の謎を深めていく――神保町で英国人に「発見」され、フランスの出版社を経て、日本でも刊行された評判の写真集をもう見ましたか?

名作の数奇な運命

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

評判の写真集なので、すでにご存じの方も多いのではないか。

と思いきや、意外に周囲に知らない人がいたので、紹介しておこうと思い立ったのがこれ。なにしろ、誕生までの道のりが、なんとも、あるようでない話なのだ。

そもそも、掲載されている写真の一群は、報道写真や、後に作品集『神楽』(1988年)で知られる著名な写真家、渡部雄吉(わたべ ゆうきち)さん(1924~1993)の手によるもの。とある殺人事件の捜査に20日間密着して撮影し、同年に『日本』という雑誌にて発表された。

が、そのまま単行本にまとめるのでもなく、消えゆく運命かと思いきや、2006年になって、英国人の古書バイヤーが120枚にものぼるオリジナルプリントを東京・神保町で「発見」し、2011年にそれをもとにフランスの出版社 Editions Xavier Barral(ホームページに並ぶタイトルがおしゃれ)が『A criminal Investigation』という1冊の本としてまとめたのだ。造本が美しいのでこちらのサイトでよかったらどうぞ。

英国人古書マニアは神保町まで網羅しているのか。Editions Xavier Barral なる出版社、やるなぁ。などとつい思いを巡らせてしまうが、その偶然のバトンタッチにまずわくわくする。

次ページ海を超え日本へ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。