日本人テーラー、国境を越えて顧客を虜に

鈴木健次郎が目指す欧州の頂

パリで店を構える鈴木健次郎氏。来日時、恵比寿ウエスティンホテルで行った個人受注会の折に取材した(撮影:今井康一)

納品されたばかりのスーツに袖を通した50代の会社経営者は、あまりの着心地のよさに「何これ? こんなに違うの?」と驚き、子どものようにその場でスキップを始めた。

「一度は着てみたかったから、定年退職の記念に」と一着90万円のスーツをオーダーした会社役員は、納品の2日後、少し照れくさそうな様子でもう一着、注文した。

「バーで、右手でほお杖を突いて酒を飲んでいるときに格好良く見えるスーツを作って欲しい」とオーダーした、左腕が不自由な紳士は、パリのバーで「何十年もリハビリをしてきたけど、今、こうやってあなたのスーツを着て酒を飲んでいるのがいちばん幸せだ」とつぶやいた。

3人のスーツは、ひとりの男が仕立てた。鈴木健次郎。2013年8月、弱冠37歳にしてパリの8区に自分の名前を冠したオートクチュールのメゾン「KENJIRO SUZUKI sur mesure PARIS」を開いたテーラーだ。

いっさい広告を打っていないにもかかわらず、鈴木の顧客の国籍は9カ国に及ぶ。1着約60万円からという高級スーツの何が人々の心をとらえるのか? その答えはスーツの細部に宿る。

どうしても表現できなかった「残り1割」

中高生でファッションにのめり込み、その頃から服を作る仕事を志していた鈴木。メンズファッション専門学校を卒業後には30倍の倍率を突破して某人気ブランドのパタンナーとして就職したが、その会社をわずか4カ月で辞めている。その理由は「デザインが違うのに、全部同じ顔に見えたから」。

当時から「これだけモノがあふれている世の中で、なぜ服を作るのか。ありきたりのものを作るなら意味がない。自分にしかできない存在する価値のある美しい服を作りたい」と強く思っていた鈴木にとって、そのブランドの製品は物足りなかったのである。

鈴木がパリを目指したのも、理想を追求するためだった。

仕事を辞めてしばらくした後、22歳の鈴木はある女性デザイナーに声をかけられ、ともに働き始めた。その女性のデザイン画を見て才能に惚れ、デザイナーのイメージを自分なりに解釈してパターンに起こすモデリスト、クチュリエ(縫い子)を務めることになった。

次ページしだいに募る焦燥感……
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。