国際ビジネス勝利の方程式 「標準化」と「知財」が御社を救う 原田節雄著

国際ビジネス勝利の方程式 「標準化」と「知財」が御社を救う 原田節雄著

長年、ソニーで商品戦略、法務・渉外を担当してきた著者は、グローバル市場で日本が低迷する理由を「技術を開発する日本人はいるけれど、事業を展開する日本人がいないから」だと喝破する。その結果、政・産・学・官すべてが国内市場だけを重視するようになり、産業がガラパゴス化したと説く。

そんな日本が国際ビジネスで勝つための方策を探る。したたかな諸外国には技術力だけでは勝てない。むしろ、駆け引きや根回しなどの政治こそが重要であり、そこでカギとなるのは「国際標準化」と「知的財産」だという。

市場獲得の要の標準化と利益獲得の源泉になる知財を、どう事業戦略に組み込むかを実践的に解説している。

朝日新書 819円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。