ジャケットにも早変わり!? 高価でも売れる多機能コート

1着で6とおりもの着こなしを楽しめる万能コートが、この冬に人気を集めている。

三陽商会が百貨店向けに発売した「6WAYコート」。見た目は冬用コートだが、インナーだけ装着すれば、チェックキルト加工のジャケットに早変わり。襟元のファーも付け替え可能で、秋口から冬本番まで着用できる便利さがウリだ。

価格は5万1450円(税込み)。百貨店向けの中心価格帯である2万9000~3万9000円と比べて決して安くはない。だが、三陽の加藤郁郎・企画第一ディヴィジョン長は「価格以上に消費者の納得感が高い。販売状況は良好だ」という。

三陽は昨季に「バーバリー」でマルチWAYコートを投入。これで手応えを得て、今季は一気に他ブランドでも展開し、35品目へ拡大した。ライナーを単独の上着として着用可能な商品のほか、袖を取り外せばベストになるダウンジャケット、裏返すとショールになるスタンドカラーコートなど種類も多彩だ。

アパレル業界では、「ユニクロ」など低価格に抑えたファストファッションが台頭。カシミヤなど高級素材を使った商品も少なくなく、全体の価格イメージが低下し、素材での差別化が難しくなっていた。そんな中、多機能・多用途商品は、デフレに苦しむ業界の救いとなるか注目される。

◆三陽商会の業績予想、会社概要はこちら

[+画面クリックで詳細チャートを表示 <会員登録(無料)が必要です>]

(鈴木良英 =週刊東洋経済2010年12月18日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
パナソニック<br>100年目の試練

27万人の従業員を抱えるパナソニック。津賀一宏社長は「テスラとともに成長する」と語るが、盟友テスラがパナ元副社長を引き抜くという仰天人事も。EVに命運を託す巨艦の行方は?