厳しすぎる結婚の条件、守れなければ即離婚?

「プロ彼女」が「プロ妻」になれるとは限らない

話題沸騰中の「プロ彼女」。“条件付き”の結婚で、幸せをつかめるのでしょうか(写真:Tokyo image groups / Imasia)

人気俳優の西島秀俊さんが11月に結婚を発表し、女性ファンたちに衝撃を与えた。西島さんといえば、以前から「結婚相手の条件が厳しすぎる」ということが話題となっていた。今回、その条件をクリアしたとされる相手の女性について、「完璧な彼女」という意味を込めて「プロ彼女」と呼ぶ声もあるほどだ。

週刊誌「女性自身」が報じた、西島さんの「結婚の7条件」は以下の通りだ。

・ 仕事のワガママは許すこと
・ 映画鑑賞について行かない
・ 目標を持ち、一生懸命な女性
・ “いつも一緒”を求めない
・ 女の心情の理解を求めない
・ メールの返信がなくてもOK
・ 1カ月半会話なしでも我慢すること

 

特に厳しいといえるのが、「1カ月半会話なしでも我慢すること」。ツイッター上では「西島さんなら許される」といった声がある一方、「1カ月半会話なしはひどい」「夫婦の意味があるのか」といった意見もあった。

法律上の拘束力は?

「惚れた弱み」と言ってしまえばそれまでだが、相手から結婚の条件を付けられたとき、どんなにひどい条件でも、守らないければならないのだろうか。たとえば、今回のように「1カ月半会話なしでも我慢すること」を守れなかったら、離婚されても仕方がないのだろうか。男女の法律問題にくわしい堀井亜生弁護士に聞いた。

「今回西島さんが課したといわれている『結婚の条件』は、仮に妻となる女性が、条件を理解したうえで結婚したとしても、単なる当事者の『約束』にすぎません。これを破ったからといって、離婚になるまでの法律上の拘束力はないと考えられます」

堀井弁護士はこう述べる。なぜ、拘束力がない「約束」だと言えるのだろう。

次ページ人の行動は法律で強制できない?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。