インド新戦略車はトヨタを救えるか(上)

インド新戦略車はトヨタを救えるか(上)

12月3日の夕刻。インド第5の都市、バンガロール市内にある「ナンディ・トヨタ」本店は、平日にもかかわらず多くの人でにぎわっていた。同店はインドではトヨタ車販売店の草分けの一つだ。

「家族4人がゆっくり乗れそうなところがいい」。米P&Gの現地法人に勤務している男性は、そう言って財布からゴールドカードを抜き出した。前々日に発表されたトヨタ自動車のインド戦略車、「エティオス」の予約金を支払うためだ。

「まだ実車がないのに、2日間で166台もの予約が入った。期待以上の手応えだ」。ナンディ・トヨタのK・I・ジョジョ社長は笑顔を見せる。同氏はこの5年間、「インドでも早く小型車を発売してほしい」と、トヨタ自動車のインド子会社であるトヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)に繰り返し訴えてきた。その悲願が成就した格好だ。

トヨタがインドに進出したのは1997年。99年に現地生産を開始した多目的車「クオリス」の耐久性が高く評価され、トヨタブランドの認知度は大いに上がった。その後継モデルとして投入された「イノーバ」の人気も高い。それでも、インドの乗用車市場におけるトヨタのシェアは、09年時点でわずか3%だ。

一方、トヨタとほぼ同時期にインドに進出した韓国の現代自動車は、比較にならない躍進を遂げた。2009年の乗用車シェアは15・9%と、トヨタに5倍超の差をつけた。明暗を分けたのは小型車の有無だ。

インドでは1600cc以下の小型車が自動車販売の75%を占めている。安価なのが最大の理由だが、小回りの利くクルマが好まれることも大きい。インドの都市部では渋滞が深刻で、狭い道も多いためだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。