アラサーのための戦略的「人生相談」--会社を辞めるかどうか、悩んでいます


広瀬 一郎

■■第3回 会社を辞めるかどうか、悩んでいます

宮本準・仮名 27歳 男性 メーカー経理

これまで経理の仕事を5年ぐらいやってきました。今から別の会社に行ったり、まったく違うスキルをつけるのか、それとも今までやってきたスキルを活かして、現在の延長線上の仕事をやっていくのか--最近ずっと考えています。

広瀬さんは、広告代理店に勤めた後、まったく畑の違うスポーツビジネスに携わっていると伺っています。なぜ、広瀬さんは就職の際に広告代理店を選び、その後、スポーツビジネスに転身されたのでしょうか。

どのように人生の転機を見抜けばいいのか、どういう観点から仕事を選ぶべきなのか。そうした判断基準について、教えていただけませんでしょうか。

職業を選ぶ3つの基準

広瀬:ぼくの最終ゴールは、今も昔も変わっていません。最終的な目標は、ディレッタント(書斎人)になることです。具体的には、小林秀雄とシャーロック・ホームズと足したような人、つまりは、「世の中のことを何でも知っているような人」になることです。

今さら言うのも何なんですが、就職って人生において大きな選択問題の1つです。前回も述べたように、(そして、これからも事あるごとに同じことを言いますが)問題解決に当たって「どのように解決するか?」を最初に考えるのは誤りのもと。まず最初に「なぜ?」と問うことが肝心です。「なぜ就職するのか?」という観点から職業を選ぶ基準は、大体3つに集約されると思います。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。