韓国サムスン社長に会長の長男、3代世襲へ盤石体制

韓国を代表する世界的企業、サムスングループが世襲への移行作業を着々と進めている。

李健煕(イ・ゴンヒ)会長(68)の一人息子で中核企業のサムスン電子副社長の在鎔(ジェヨン)氏(42)が社長に昇格することを12月3日に発表。創業者で健煕会長の父の故・李秉喆(イ・ビョンチョル)氏から始まる3代世襲への布石との見方が多い。

健煕会長は、不正資金問題で起訴され、2008年に辞任したが、今年3月に会長へ復帰したばかり。今回の人事では、信任が厚い崔志成(チェ・ジソン)社長(59)も副会長に昇格させ、グループ経営の司令塔役を担う「未来戦略室」も設置。強固なファミリー帝国を築くため、地盤作りに余念がない。

ただ、世襲レースは混沌としそうだ。

在鎔氏は慶應義塾大学に留学経験があり、日本語も堪能。1991年にサムスン電子に入社し、ソニーとの液晶パネル合弁にもかかわるなど、帝王学を身に付けてきたが、今回の人事でも在鎔氏には代表権が付かなかった。

肩書は社長兼最高執行責任者(COO)。副社長時代のCOOと変わらないのだ。そのため、ソウル財界関係者からは、「在鎔氏はまだ試験期間中」との声が漏れる。代表権のある李会長と崔副会長がグリップを握りながら、在鎔氏をサポートしつつ、どの段階で経営権継承に向かうかが注目される。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。