ノジマ社長、「買収は全然悩まなかった」

携帯電話販売ITXの成長に絶対の自信

 今年、家電量販中堅のノジマは大きな勝負に打って出た。同社は11月、携帯電話販売の大手代理店であるITXの買収を発表。株式の取得金額は513億円、負債分を含む買収総額は850億円にのぼる。ノジマの時価総額約250億円を大きく上回り、過去最大の買収案件だ。
 ITXはドコモやauなどの携帯キャリアショップ508店(2013年末)を運営する携帯販売の代理店だ。12年に日本産業パートナーズがオリンパスから取得し、今回、ノジマが傘下に取り込むことになった。13年度の売上高は2573億円、営業利益72億円と売上高では業界5位。なぜ今、販売店が必要なのか。野島廣司社長にその狙いと今後の展開を聞いた。

 

――なぜこのタイミングでITXの買収に踏み切ったのか。最大850億円を上限とする借入負担も大きい。

 会社を強くし、発展させていく大きなチャンスだと思って買収をした。ITXがオリンパスの傘下にあった時から、当時の菊川剛社長とは話しをしていた。しかし、12年に売却される時はビッド(入札)で負けて、日本産業パートナーズの手に渡った。私の勉強不足だったなと思う。

その日本産業パートナーズやITXの荻原正也社長以下、従業員の方も努力して会社の価値を上げ、以前とは比較にならない利益水準になっている。買収の時期はたまたま今になっただけだ。こうした投資は10年前からずっと考えていた。私が尊敬するヨドバシカメラの藤沢昭和社長(79)が(出店用地として)大阪・梅田の土地を買ったとき、「野島くん、おまえも勝負できるようになれ」と言われた。

 質がよければ量がついてくる

買収金額はほぼ借り入れなので、間違いなく財務は悪化する。自己資本比率は15~20%の間に落ちるだろう(14年9月時点で38.5%)。ただ、内部留保をしているので、配当額が下がることは絶対にない。20年間社長やってきた中でも配当を下げたことはない。10月に業績を上方修正した。これから先もまだできるよう努力していく。

ITXを成長させる自信があったので、買収は全然悩まなかった。自信がなければこんな投資はしない。

――具体的にITXをどう成長させるのか。

当社は、「売上高が3000億円以下の電気屋さんは残れない」と言われながら、成長し続けている。あくまでも(接客などの)質で勝負するという考え方で今まで伸びてきた。質が良ければお客さまに喜ばれて企業として強くなっていく。

ITXには当社の「質」を入れて成長させる。日本の家電メーカーも世界で強かった時は質で勝負していた。だが、質を追わずに量やシェアを追い続けて大変になった。質がよければ後で量がついてくる。

次ページITXをどう変えるのか?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。