アラサーのための戦略的「人生相談」--不毛な会議ばかりで、時間が浪費されます


広瀬 一郎

■■第2回 不毛な会議ばかりで、時間が浪費されます。

佐藤武・仮名 27歳 男性 メーカー勤務

今、私が勤めているのは、2つの別の会社が一緒になってできた新しい会社です。

最大の悩みは、互いの企業文化や人が、一見似ているようでまったく違うことです。そのため、出身が違う社員同士がぶつかってしまい、いちばん重要な「企業として成長して利益を上げる」という本質的な議論が成り立ちません。  

上司の間でそういう諍(いさか)いがあると、いちばん痛い目を見るのは、いちばん下っ端です。たとえば、3カ月のプロジェクト期間があるのに、上の決定が遅れて、「1カ月で何とかしてください」となってしまう。そうすると、いちばん下っ端が夜遅くまで働く羽目になってしまいます。

もちろん幹部の人たちも夜遅くまで働いているんですけど、あまり効率的でないですし、皆さん僕も含めて、幸せになれてない生き方をしている……。

そういうときに上の人であれば、ガツンと言うことができると思うんですけど、僕のような下っ端から突き上げていくのは大変です。あまり摩擦を生まずに、「あ、そうだよね」と上司が気づいてくれるような提案の仕方を教えてもらえませんでしょうか。

■基本は、Whyを3回繰り返す

広瀬: 世の中でいちばん、すり合わせの難しい会議って何だと思いますか? 間違いなく国際会議ですよね。こちらにイスラエルがいて、パレスチナがいるという国際会議です。でも、国際会議の進め方っていうマニュアルがあるんですよ。

佐藤:あるんですか。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。