人間の“排泄物”でロケットが飛ぶらしい!

有人基地の建設に併せ、フロリダ大学で研究

冗談のような話だが、決してふざけているのではない。変人による研究というわけでもない。NASAにとっては切実な問題なのだ。ちゃんと理由を知れば理解できるだろう。

2006年、NASAは2019年から2024年の間に月面に有人基地を建設する計画を立てた。月面に人間が滞在すれば、当然排泄物は出る。それを有効活用できないか、ということで人間のウンチ(やその他の廃棄物)からロケット燃料を作る研究を、フロリダ大学の研究者が引きうけたのだ。

その研究がフロリダ大学のウェブサイトで報じられている。

これまでは大気圏で焼却処分されていたが……

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

ちなみにこれまで人間が宇宙空間で出した排泄物は有効利用されてこなかった。コンテナに保管されていて、大気圏に落として焼却するというのが通常のプロセスだそうだ。

しかし、月面滞在のようなもっと長い滞在になると、排泄物を全部保管しておいてわざわざ地球に送り返すというのは、あまり賢い方法ではない。ましてや月に投棄するのは問題だ。そこで、それを燃料として再利用する研究を思いついたNASAが、フロリダ大学の研究者に相談したのだ。

フロリダ大学の研究者は、宇宙での滞在期間に出る食べ残し、そして食物の容器や排泄物から、どれくらいの量のメタンが取り出せるのかを調べた。そしてそのメタンを燃料としてロケットを発射し、地球に帰ってこられるのかを計算した。結果は「可能」だった。

次ページ有機成分からバイオガスを作る
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。