パナ、三洋の全社員を「転籍」で吸収

7000人が転籍、人事給与体系も一本化

10月31日の決算説明会における津賀一宏社長(撮影:今井康一)

[東京 28日 ロイター] - パナソニック<6752.T>は28日、三洋電機の全社員7000人が来年4月1日付でパナソニックに転籍すると発表した。事業統合に続き、人事給与体系も一本化することで「グループの真の一体化」を完了する。

パナソニックは2009年12月に三洋を連結子会社化し、2011年4月に完全子会社化。子会社化前に約2万6000人いた三洋の従業員は、事業売却などで7000人まで減少した。

このうち約6600人は、すでにパナソニックの各部署に配置して「一体経営」を進めているが、立場は三洋からの出向で、人事給与体系が分かれたままだった。

パナソニックは今年10月から管理職の年功要素を排除する給与体系に改定し、来年4月から一般社員にも導入するが、三洋の従業員もこの体系に入る。グループの新給与体系を適用するとともに、手当、福利厚生、年金などを一本化すれば「トータルの人件費は変わらない見込み」(広報)としている。

三洋の法人格は当面維持する。三洋本体に残っている従業員は約400人で、来年4月からパナソニックからの「逆出向」になる。三洋本体の業務は、関係会社39社の管理や清算作業が中心で、この400人も役割の縮小に伴って、パナソニックの各部署が吸収していく方針。

(村井令二)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。