2015年、みかんの売れ行きがV字回復かも?

農林水産物の機能性表示解禁で何が変わるか

日本人の果物摂取は、海外と比べてかなり少なく、2009年度の1人1日あたりの果物消費量国際比較(データ/農林水産省)では、1位イタリア 426グラムに比べ、日本は144グラムで、176ケ国中127位でした。

その理由として、海外の国々では果物を野菜感覚で料理に使用し、加工品のバリエーションも豊富ですが、日本では果物を料理にはあまり使わない食文化だったという背景があります。

2015年から機能性表示が変わる!

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

また近年の国民栄養調査で、特に20~40歳代は果実の摂取量は1人1日 50~70グラム台。厚生労働省が推奨する「健康日本21」における摂取目標200グラムの3分の1程度です。果実を食べない理由として、皮をむく手間などが面倒であること、そして日本の果物の値段が海外よりは高めで、一人暮らしの若者には手が出にくいといった側面があげられます。

たとえば、みかんは最も庶民的な果物の一つで、かつては「こたつとみかん」と、セットで冬の風物詩でした。しかし核家族化が進み、また70年代になり農産物の輸入自由化されると、みかんの消費量も低下し、農家の経営もたいへん厳しい状況にあります。

一方で、日本の国民の健康や暮らしが安定向上し、経済活動も活性化するため、現行制度の規制緩和が求められ、2015年度から新たな食品の機能性表示が導入されることとなりました。

次ページみかんの効果効能とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。