来年度の科学技術予算は増額or減額?--東洋経済1000人意識調査

来年度の科学技術予算は増額or減額?--東洋経済1000人意識調査

柳田法相が辞任したが、それに続き野党は、仙谷官房長官に辞任を要求している。参院の予算委員会では、補正予算の審議どころではない状況だ。そういう状況の中、来年度の科学技術予算について聞いた。

科学立国の必要性が叫ばれる中、国の財政事情のため、国立大学の運営費交付金や基礎研究を支援する科学研究費補助金は削減が続いている。来年度の科学予算をどうすべきか聞いたところ、増額したほうがよいとの意見が半数を超えた。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の20歳以上の男女1000人、割付方法:性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年10月20~21日※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる
【調査協力】 マクロミル

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
EV(電気自動車)ショック<br>大転換の勝者と敗者

ガソリン車から電気自動車へ、世界中でEVシフトが進んでいる。日本の自動車業界は大転換を迫られ、部材メーカーの勢力争いも本格化。日本経済はこの地殻変動を乗り越えられるのか。