次のiPhone、ついに「落下」が怖くなくなる?

期待高まる液晶保護ガラスの最新形!

すでに次のiPhoneが気になります(写真:新華社 / アフロ)

売れ行き絶好調のiPhone 6/6 Plus。しかし、人間というのはわがままなもの。すでに次期iPhoneがどんなものになるのかを考えてしまう。

そこに飛び込んできたニュースが、「ゴリラガラス4」の登場だ。ゴリラガラスとは、米コーニング社が開発するスマートフォンの液晶パネルの保護ガラス。iPhoneシリーズではiPhone 4から採用されており、iPhone 6/6 Plusにも使われている。

サファイアガラスはなぜ搭載されない?

当記事はFUTURUS(運営:ターゲッティング)の提供記事です

最新版となるゴリラガラス4の特徴としては、一般的な保護ガラスに用いられているアルミノ珪酸塩に比べ2倍以上の耐久性を持っている点。同社の実験によると、ゴリラガラス4を採用したデバイスを1mの高さから落下させても、80%は割れないという。厚さは0.4〜2mmまで自由に加工できるそうだ。

iPhone 6/6 Plus発売の際に一部で噂されていたのが、「サファイアガラスが搭載されるのでは」というもの。

サファイアガラスは、その硬度が魅力。通常のガラスの2倍ほど硬く、ダイヤモンドの硬度に迫るほど。さらに強度もあり、ステンレスの10倍相当だ。高級腕時計などに採用されたり、防弾ガラスなどにも使われたりしている、強化ガラス界では名実ともにトップクラスのガラスだ。

ただし、コストが高いという弱点がある。そのため、毎回「次期iPhoneにはサファイアガラスが使われるのでは?」と噂されるものの、実現していない。

次ページ次期iPhoneを大予測!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。