「おっぱいトラック」は日本で認められるか

事故を起こしかねない車両広告、規制される?

日本でも広告トラックはあちこちで走っているが……(写真:マッハ / Imasia)

ロシアの首都モスクワでこのほど、女性の胸部を大きく印刷した「広告トラック」が現れ、話題になっている。「おっぱい」に気をとられた男性ドライバーたちが脇見運転をしてしまい、1日に500件以上の交通事故が起きたという。

英デイリー・メールなどによると、この「おっぱいトラック」は広告代理店が企画したものということ。トラックの荷台側面に、女性の胸部の巨大な写真がプリントされているが、乳首にあたる部分には上から別の広告をかぶせて、見えないように隠したという。

運転手の注意力を低下させる広告は規制対象?

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

結局、トラックは地元警察により走行禁止となった。なんともお騒がせなトラックだが、日本の繁華街などでも、広告トラックを見かけることが少なくない。

日本では、今回のようなきわどい広告を使うことに問題はないのだろうか。屋外広告の法律にくわしい平岡将人弁護士に聞いた。

「自動車や電車などの外面を利用した広告物は、条例によって規制されています」

平岡弁護士はこう切り出した。どのような規制があるのだろうか。

「たとえば東京都の場合、乗用車と貨物自動車、電車などのカテゴリーにわけて、許可や登録の要否などが細かく規定されています。

それぞれに共通しているのは、『運転手の注意力を著しく低下させるおそれのある広告物』や『運転手をげん惑させるおそれのあるような、発光・蛍光素材が用いられたり、反射効果のある広告物』の表示・設置が認められていないことです。

また、『景観や風致を害するおそれのある広告物』を表示・設置することもできません」

では、今回の「おっぱいトラック」の判断基準はどうなるのか。

次ページ貨物自動車か、宣伝用自動車か……
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。