HMVを買収したローソン、関心は店舗よりネット

既存の店舗は合理化も

HMVを買収したローソン、関心は店舗よりネット

コンビニ業界2位のローソンが、音楽映像ソフト販売大手のHMVを買収する。12月1日に、大和証券SMBCプリンシパル・インベストメンツから、全株を18億円で取得する計画だ。

HMVはショッピングモールを軸に37店を展開し、2010年4月期は売上高309億円、最終赤字46億円。1990年に英HMVの日本法人として上陸し、米タワーレコードとともに、洋楽の豊富な品ぞろえで業容を拡大させてきた。が、CD市場縮小を受け、07年には大和系ファンドが100%子会社化。今年8月には旗艦の渋谷店も閉め、ネット配信に押されるCD販売店の象徴となった。

ローソンにとっての関心も、実はHMVの店舗ではなく、ネットにこそある。

HMVオンラインは音楽ソフト販売でアマゾンジャパンに次ぐ国内2位。HMVの売上高の4割を占め事業収支も黒字だ。片やローソンも子会社ローソンエンターメディアのチケット販売は国内首位である。ローチケは前期、営業収入100億円、営業利益10億円と、業績は手堅い。

HMVの音楽ソフトと、ローチケのコンサートチケットやタレントグッズとは、客層も重なる。ローソンのポイントカード「Ponta(ポンタ)」は会員数2500万人を誇るが、HMVのネット会員470万人も十分魅力だ。

既存店舗は合理化も

一方、HMVでは店舗のテコ入れが進んでいる。CD市場縮小と店舗大量閉鎖で、商品力は劣化しているおそれがある。マスを狙い、売れ筋商品のみを頻繁に入れ替えるコンビニと異なり、音楽ソフト店はきめ細かな品ぞろえと目利きが勝負。「年に1~2枚しか売れないCDでも置いてあることがコアなファンを惹き付ける」(音楽業界関係者)。

次ページ当面、現体制は変えない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。