「特捜部解体論」は、賛成・反対・保留が拮抗--東洋経済1000人意識調査

「特捜部解体論」は、賛成・反対・保留が拮抗--東洋経済1000人意識調査

民主党の岡田幹事長が小沢一郎元代表と会談したものの、小沢氏は衆院政治倫理審査会への出席を拒否した。岡田氏は今後も小沢氏の説得にあたるようだが、調整は難航が予想される。

政治とカネの問題が解決していない中、捜査資料の改ざん・隠蔽事件で大阪地検特捜部の前部長と前副部長が起訴された。信用失墜から、特捜部の解体を求める声が出ているが、1000人調査によれば、賛成派・反対派がともに3割強。保留派も4割近くいて、完全に割れている。

■年齢・性別・地域別クロス集計

【調査概要】調査方法:インターネットウェブ定量調査、調査対象:全国の20歳以上の男女1000人、割付方法:性・年代(10歳刻み)人口動態割付、調査期間:2010年10月20~21日※対象者を統計的な方法で抽出した世論調査などとは異なる
【調査協力】 マクロミル

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。