「ユーロスター」20周年、次の路線計画は?

<動画>フランスやオランダで路線を拡大

シーメンス社製の車両

11月14日、英仏海峡トンネルを通り、パリとロンドンを結ぶ旅客鉄道を運行するユーロスター社は20周年記念式典を行った。同社は、式典で17の新型車両を発表した。詳細を見ていこう。

エリザベス女王は1994年に開業の式典に出席した。それ以来、ユーロスター社は、ロンドン、パリ、さらにブリュッセルの間で、1億5000万人の乗客を輸送した。

新型車両の輸送人員は20%増

同社は10億ポンドを掛けた分解検査と新型車両により、20周年を祝いたいとしている。「ユーロスター社はその新型車両を運行開始するが、それは20年前の開業以来初の新型車両の導入となる。他の車両と異なり、よりヨーロッパの線路に適応している模様で、同社の拡大計画が全速力で前進していることを表している」(ロイターのCIARA LEE記者)。

ユーロスター社の利益は、過去10年で年々増加しており、新型e320系は輸送人員を20%増やせるように設計されている。

次ページ20年前は懐疑的な意見が多かった
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。