幻冬舎の非上場化は、出版業界激変の「一里塚」

幻冬舎の非上場化は、出版業界激変の「一里塚」

幻冬舎は2011年3月にもジャスダック上場を廃止する見通しだ。

幻冬舎社長の見城徹氏が代表を務める特別目的会社TK ホールディングスが、幻冬舎の普通株式と新株引受権をTOB(公開買付け)により取得。買付け期間は11月1日から12月14日まで、買付け価格は普通株式1株につき22万円。買付け予定数は2万7499株、買付け代金は60億3878万円にのぼる。
 
 買い付けに必要な資金は幻冬舎のメインバンクであるみずほ銀行が貸し付ける。見城氏自身も8300株(第2位、23%)を保有する大株主だ。今回の公開買い付けに参加、得た資金約15億円はTKホールディングス経由でみずほへの借り入れ返済に充当される。

株式買付成立後、11年2月にも幻冬舎は臨時株主総会を開く。TKホールディングスが幻冬舎を完全子会社化する。その後、TKホールディングスを消滅会社とし、幻冬舎を存続会社とする吸収合併を行う。このスケージュールならば3月にも幻冬舎は上場廃止となるだろう。

新生「幻冬舎」は見城氏が全株保有する会社としてスタートする。

幻冬舎の業績は堅調だ。前2010年3月期に大ヒットした『巻くだけダイエット』効果(170万部、営業利益3億円寄与)が、今期は剥げるものの、返品率が7ポイント改善するのが大きい。重版も順調にかかっている。
 
 今期売上げは125億円(4.6%減)ながら、営業利益は17億円と微増益を確保する見通し。業界で見ると、幻冬舎は勝ち組だ。講談社、小学館、光文社は08~09年度にかけて2期連続最終赤字、文藝春秋も09年度最終赤字に転落するなど、出版各社は苦境に喘いでいる。

にもかかわらず、幻冬舎が「非上場化」の道を選ぶのはなぜか。

「他社が感じているよりは、うちの危機感は強い」と久保田貴幸取締役は話す。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。