コンテナ船の運賃上昇で今期の海運大手3社は通期で1120億~1500億円の利益改善へ【海運大手3社決算】

日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>の海運大手3社の業績が改善している。コンテナ船運賃が想定以上に上昇したほか、対前期比でバラ積み船の運賃市況が改善したことから、2010年4~9月期(上期)は3社とも前年同期比1000億円前後の利益改善となり、大幅な黒字を確保した。

改善幅は、コンテナ船部門やバラ積み船部門の改善に加えてこれまでお荷物だった航空運送部門を黒字化した日本郵船の1232億円が最大となった。コンテナ船比率が大きい川崎汽船の改善幅は、バラ積み船に強い商船三井とほぼ同水準の925億円となった。

 営業利益  今上期    前上期    改善幅
   日本郵船 862億円 ▲370億円 +1232億円
   商船三井 826億円 ▲114億円  +940億円
   川崎汽船 500億円 ▲424億円  +925億円

7月公表の修正値や4月公表の期初計画と上期実績との差異は以下のとおり。期初計画との比較では、期初に航空運送部門の赤字継続を見込んでいたが実際は黒字化した日本郵船の上振れが一番大きい。7月修正値比との差異は、主に夏場のピークシーズンサーチャージ(繁忙期の追加徴収運賃)が想定以上に徴収できたことによる。

上期実績比 7月修正値比  期初計画比
   日本郵船 +132億円 +492億円
   商船三井 +126億円 +306億円
   川崎汽船  +80億円 +330億円

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。