無知との遭遇 落合信彦著

無知との遭遇 落合信彦著

「世界にあって日本にないもの」が何なのかを知ることによって、グローバル化されたこれからの世界で日本がどう闘っていくのかを、世相を痛烈に風刺するジョークを通じて説く。

国際ジャーナリストとして世界を渡り歩いてきた著者は、政治家の無知がこの国に経済危機を招き、若者の無知がこの国の内向き志向と閉鎖性を強めていると喝破。日本人があまりに世界のことを知らなさすぎるあまり、世界では日本人を揶揄するジョークがあまたあると嘆く。

洗練されたジョークにこそ、その人物の知的センスが反映される。ジョークをコミュニケーションの道具として使いこなす感覚を磨くための指南書としても読める。

小学館101新書 756円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。