赤い新星「小米」、ついに世界シェア4位へ

レノボを抜き去り、ファーウェイにも肉薄

写真:Imaginechina/アフロ

中国のスマートフォンメーカー、北京小米科技(シャオミ)の躍進が止まらない。11月10日、米ディスプレイサーチが発表した世界のスマートフォン出荷台数シェアによると、第3四半期(7~9月)は5.7%。同じ中国のレノボ(5.4%)を上回り、第4位に躍進した。

9月にはアップルがiPhone6を発売。アップルのシェアは第2四半期の12.4%から第3四半期には12.9%へと上向いた。上位陣のシェアをみるとサムスン電子が26.6%から26.2%、ファーウェイが7.3%から6.8%、レノボが5.6%から5.4%、LG電子が5.1%から5.0%へと軒並みシェアを下げている。そうした中で、5.3%から5.7%へとシェアを引き上げたシャオミの好調ぶりは特筆すべきものだ。

今年の売り上げは1兆3000億円に

画像を拡大
(出典)ディスプレイサーチ

シャオミは、2010年4月に設立されたベンチャー企業。2014年通年で6000万台(前年比3・2倍)の販売を計画している。わずか1社で、日本のスマホ市場規模 のちょうど倍を販売するという野心的な計画だ。シャオミの創業者である雷軍CEOは、2014年の売上高について「800億元(約1兆3000億円)になるだろう」と強気だ。

シャオミはスマホブランドだが、自社では企画と販売、顧客サービスしか行わず、端末の設計や生産は台湾・鴻海精密工業(ホンハイ)などの受託メーカーに外注している。アップルと同じファブレス業態のため、“中国のアップル”と呼ばれることも少なくない。

中国で吹き荒れたシャオミ旋風は、世界へも広がりつつある。7月、インドで地元のネット通販業者を介して販売を開始。8月にはブラジルのサンパウロに事務所を開設し、南米市場参入への橋頭堡を築いた。マレーシア、フィリピンなど東南アジア数カ国にも進出済みだ。トップのサムスン電子、2位のアップルへと肉薄する日も近いのかもしれない。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。