商社の蝶理、「ウルムチ進出」の狙いとは?

日本人が知らないニューシルクロードの魅力

ウルムチ市街の様子(写真 カスバ / Imasia)

「中国はもうだめだ」

「いやいや、この巨大市場はこれからだよ」

会議室で、居酒屋で、そしてSNS上でも何万回も行われてきた問答だろう。

中国の悪いニュースが流れると、ほら見た事かと「中国となんて縁を切るべきだ」と語気を強めてまくしたてる人たち。それに対して、「いやいや、中国にも中国の良さがある。知れば分かる。」と反論する中国在住者。「坊主にくけりゃ」論と「あばたもえくぼ」論の、不毛な論争も多い。

そんな中、冷静にリスクを見つめながら、中国の“フロンティア”にチャレンジする企業がある。

なぜウルムチに拠点を開設?

中国新疆ウイグル自治区、ウルムチ市。上海から直行便の飛行機で約5時間の、中国最西部の大都市。独立運動暴発の可能性があると言われるこの地に、東証1部上場の商社「蝶理」が拠点開設を決めた。

2000年以降、大手企業がここに拠点を開設するのは稀な例である。

「ウルムチに進出する目的は、①拡大する中国西部から中央アジアの跨境市場を捉えること、②ウルムチにおけるリスクを自分たちの目でモニタリングすること、③ヨーロッパとアジアをつなぐ拠点を押さえること。この3つです。」

同社の取締役・中国総代表の井上邦久氏はそう語る。

ウルムチ市の人口はおよそ250万人。中国の中では、そこまで大きな都市ではない。しかし、駅前には多くの高層ビルが建ち、現在、地下鉄や高速鉄道も建設中。中国の次期5カ年計画で最重点都市の1つとなることが予想され、大発展が期待されている都市なのだ。

発展の理由は、資源が豊富な中央アジアの窓口になる都市であることに加えて、中央政府のある“裏の思惑”も見え隠れする。

ウルムチの人口の3割は、ウイグル人を中心とした少数民族。漢族との間で、民族対立の火種を抱え、テロとみられる爆破事件も頻発している。

中央政府としては、ここに投資をして、経済的な豊かな土地にすることで、独立運動や民族対立を封じ込めようと考えている節もある。経済成長はすべてを隠すということだ。

次ページ少数民族の雇用を義務付け
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
さまよう被災者<br>原発最後の選択

原発事故は多くの被災者を生み出した。故郷喪失、賠償打ち切りに直面する住民の苦悩は尽きない。追い打ちをかけるように、福島県の一部の畜産農家では乳牛の病死が相次いでいる。