うつと気分障害 岡田尊司著

うつと気分障害 岡田尊司著

うつの潜在患者は300万人とも600万人ともいわれる。その原因は、気質や遺伝もあるが、複雑な現代社会の過剰なストレスによる部分が大きいという。最新の研究では、これまで人類が進化の中で長い年月をかけて確立してきたライフスタイルが、工業化と科学技術の発達、あるいは行きすぎた商業主義によって急変してしまい、その過程でかつては持っていたうつに対する抵抗力を失いつつあるという説もある。

本書には、うつと双極性障害(躁うつ病)の基礎知識から、対処の仕方や予防法まで網羅されている。精神科医である著者は、睡眠、食事、運動、対人関係など、ライフスタイル全般を見直すことが何よりも先決と説いている。

幻冬舎新書 840円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働き方改革を実現する<br>仕事のスリム化

「ノーミーティング・ノーメモ」の方針を打ち出すカルビー。会議を効率化する日産自動車。朝型勤務者に朝食を支給する伊藤忠商事。従来と異なる発想で業務を効率化する企業に迫る。