中国では、なぜ環境問題の解決が難しいのか

APECが終われば、元の木阿弥?

10月の北京国際マラソンは、最悪の環境のなかで開催された。中国の環境問題解決のカギは、意外に身近なところにもある(Featurechina/アフロ)

いよいよ11月10日から、北京でアジア太平洋経済協力会議(APEC)が始まる。この時期にいつも気になるのは北京の大気汚染である。北京市内では11月に入って、一時、大気汚染物質「PM2.5(微小粒子状物質)」の大気中濃度が世界保健機関(WHO)の指針の約16倍に上昇した。

北京の環境は、いわば「張子の虎」である

PM2.5で問題になるのは人的な健康被害で、ぜんそくや肺気腫や肺がんなどの呼吸器疾患、血栓や心臓病などへの影響が懸念されている。PM2.5は粒子が小さいので重力の影響を受けにくく、上昇気流に乗って大気中に拡散していくから、韓国や北九州などにも被害は及んでいる。去る10月19日に行われた北京マラソン2014では、マスクをして出走したり、途中で棄権するランナーが続出した。

さて、APECには安倍首相やオバマ米大統領、プーチン・ロシア大統領などが出席する予定だが、中国当局は会議開催期間中の近隣工場の操業停止を決定しているので、この期間だけは少しは、北京の青空が見えているはずだ。北京を含む中国北部は、石炭暖房のシーズンに入りつつあるが、当局はAPEC期間中の大気汚染緩和を「最優先」として、「万難を排して」取り組まねばならないと言っている。交通制限も同時に実行され、テロ防止も含めて厳戒態勢を敷いている。

もちろん、環境問題は重要な会議の期間中さえクリアすれば良いというものではない。常日頃からのサステナブルな対策が重要だ。中国で使用されるエネルギーは石炭が中心だから国の全土で石炭のばい煙やSOX(硫黄酸化物)NOX(窒素酸化物)などの排気ガスが拡散され、なかなか抜本的な対策は打てていないようだ。PM2.5対策についてもやはり抜本的に改善される兆しはない。

次ページ昔は特に環境問題への認識が薄かった
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。