チームの業績を引き上げる、2つの秘策とは?

脳の「ワーキングメモリ」を活性化させよう

 現代社会は情報の洪水。脳内で情報を処理する「ワーキングメモリ」がきちんと確保できなければ、さまざまな失敗や事故に繋がりかねない。仕事の効率を上げるためにも、クオリティを高めるためにも、意識的にワーキングメモリを確保する必要がある、というのが『脳のワーキングメモリを鍛える!』の著者であるトレーシー・アロウェイ博士の主張だ。ビジネスパーソンが、仕事の効率とアウトプットの性能を高めるためには何をしたらいいのか――その秘訣を伝授してもらった。

――余計なストレスを脳に掛けないためには街づくりも重要です。東京の印象はどうですか。いろいろと分かりにくくてストレスになったのでは?

東京は非常に緑が多いというのが私の印象です。都心部にも公園がありますよね。例えば成人がオフィスでランチをとる時に30分間あるのであれば、自然の環境の中で食事をする方が、パソコンの前やレストランで食事をするよりは、ワーキングメモリを向上させます。

――自然の中で食事をするといっても、スマートフォンを見ながら食事をしている人も多い。それでも大丈夫ですか。

できればスマートフォンを見ないようにして欲しいですが、それは簡単ではないので、ほどほどにすればいいと思います。ただ就寝前にはスマートフォンやパソコンは見ないほうがいいと思います。

というのはブルーライト見ることによって、メラトニンに影響を与えてしまうのです。メラトニンは睡眠サイクルと非常に関係がありますので、ベッドに入る前にスマートフォンをチェックしてメールに返事をしよう、と考える人が多いのですがそれは止めたほうがいいです。

睡眠とワーキングメモリの関係は、密接です。十分に睡眠をとれていないと、ワーキングメモリが十分に働かなくなります。人とコミュニケーションをする際に、言語を使う能力と情報を処理するプロセスを、二つ同時にやらなければいけない。しかし、疲れてくると、言葉が出ない、覚えられない、うまく反応できない、などさまざまな問題が起きます。十分な睡眠のために、就寝前にはスマートフォンを見てはいけません。

寝室にパソコンを持ちこまない

――常時ネットに接続している社会では、意識的にワーキングメモリを確保しない限り、相当な危険にさらされているわけですね?

意識する必要があります。ベッドルームにはパソコンを持ちこまない、などのルールを決めないと、どうしても持ちこんでしまいがちです。私自身も非常に大変ではあるんですけど、寝る時には電話を切ってパソコンを別の部屋に置く、と決めています。

だからといって、テクノロジーを否定するわけではありません。私はテクノロジーを積極的に使うべきだと考えており、ある意味でテクノロジー信奉者です。

ITを駆使することによってワーキングメモリに余裕を作り出せます。たとえばスケジュール管理はスマートフォンがやってくれるということで、記憶するための領域を空けておくことができます。それによってワーキングメモリは向上できると考えています。

次ページITによってワーキングメモリの使い方は変わる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。