ダウとS&Pが連日の最高値

ドラギECB総裁が追加緩和を示唆

 11月6日の米国株式市場では、ダウとS&P500が終値で再び最高値を更新した。NYSEで5日に撮影(2014年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 6日 ロイター] - 6日の米国株式市場では、ダウとS&P500が終値で再び最高値を更新した。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が、ユーロ圏の景気下支えに向け、必要なら追加措置を講じる用意があると表明したことが追い風となった。

ダウ工業株30種<.DJI>は69.94ドル(0.40%)高の1万7554.47ドル。

ナスダック総合指数<.IXIC>は17.75ポイント(0.38%)高の4638.47。

S&P総合500種<.SPX>は7.64ポイント(0.38%)高の2031.21。

 

(カッコ内は前営業日比)

 

ダウ工業株30種(ドル)<.DJI>

     終値(非公式)    17554.47(+69.94)

前営業日終値    17484.53(+100.69)

 

ナスダック総合<.IXIC>

     終値(非公式)    4638.47(+17.75)

前営業日終値    4620.72(‐2.92)

 

S&P総合500種<.SPX>

     終値(非公式)    2031.21(+7.64)

前営業日終値    2023.57(+11.47)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
リクルート<br>覚悟の海外展開

リクルートの海外事業が絶好調だ。海外の人材派遣事業を買収し、急成長している。目標は2020年までに人材事業で世界一。海外事業をゼロから育てた2人のキーマンに迫る。