アルバイト平均時給は10カ月連続で上昇--エリア別では東海の改善が顕著

アルバイト平均時給は10カ月連続で上昇--エリア別では東海の改善が顕著

人材ビジネスのインテリジェンスが 2010年9月のアルバイト平均時給について発表した。それによると、10年9月の全国平均時給は985円で、前年同月比では15円の増額となった。対前年増加率は1.5%と10カ月連続で前年同月を上回っている。

エリア別平均時給は、関東エリアが1045円と最も高く、東海エリア(978円)、関西エリア(973円)、九州エリア(826円)、北海道エリア(820円)と続く。

対前年増加率は、関西がマイナス1.0%となったが、その他4エリアはプラスとなった。特に東海は8カ月連続で対前年プラスと、改善傾向が続いている。

「東海は08年9月から10年1月まで、17カ月連続の前年割れが続いたが、製造業の生産量の回復に伴い、製造ラインスタッフの求人を再開する企業が多い。この採用ニーズの上昇が時給の回復につながっている」(SA営業統括部マネジャー 大村 智一氏)

職種別では、「専門職系」が1206円と最も高く、「事務系」(1019円)、「運輸職系」(1014円)、「サービス系」(998円)、「技能・労務系」(946円)、「販売系」(937円)、「フード系」(918円)と続く。

対前年増加率は、「技能・労務系」が10カ月、「販売系」が9カ月、「事務系」が8カ月連続の前年比プラスの一方、「サービス系」は7カ月連続でマイナスが続いている。

販売系の時給上昇について、大村マネージャーは次のようにコメントする。「家電エコポイント制度導入で、薄型テレビやエアコンなど大型家電の購入客に対応するため、家電販売店各社が売り場人員を増加させている。この求人増加に伴う時給の引き上げが、販売系全体の時給を押し上げている。エコポイントに対応した人材採用は10月でひと段落するが、大型家電、白物家電だけでなく、美容家電、調理家電など小型家電の販売強化のため人員を厚くする販売店もあり、年末商戦に向け足元の採用意欲は強い」
(東洋経済HRオンライン編集長:田宮寛之)

人事・労務が企業を変える 東洋経済HRオンライン

 

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。