危険ドラッグ交通事故、“助手席”も罪になる

助手席男性の「免許取り消し」はなぜ?

日本各地で「危険ドラッグ」の使用者による交通事故が後を絶たない。事態を重くみた警察は、取り締まりに力を入れている。

厳しい対応は今後、ドライバーだけでなく助手席にも向けられるかもしれない。東京都公安委員会は、10月25日までに危険ドラッグを吸引したドライバーが起こした事故で、助手席にいた男性を運転免許取り消し処分にしている。

男性はドライバーに危険ドラッグをわたした疑いで、道路交通法違反(過労運転等の禁止)ほう助容疑で書類送検されたのだ。

違反行為を「そそのかした」ことになる

当記事は弁護士ドットコムニュース(運営:弁護士ドットコム)の提供記事です

危険ドラッグを吸引し、事故を起こしたドライバー本人の免許が取り消されるのはわかる。しかし、「助手席の男性」の免許が取り消されるのは、どういった理由からだろうか。道路交通法にくわしい谷原誠弁護士に聞いた。

「一言でいえば、道路交通法にそういうルールがある、ということです。

『助手席の男性』の免許が取り消された理由は、報道によると『重大違反そそのかし』ということです。これは、道交法に規定された免許取消事由に該当します」

道交法のルールは、どんなふうに書いてあるのだろうか?

「実は道路交通法には、『危険ドラッグ』という文字は出てきません。

同法は、『過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態』で、自動車を運転する行為を禁止しています。

そうした状態で自動車を運転した場合、重大な交通の危険を生じるおそれがあるからです」

危険ドラッグを吸引すると、「正常な運転」はできなくなる?

次ページ法律に「危険ドラッグ」という文言はないが…
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。