熱気が静まらない阪神甲子園球場、トラキチが殺到する外野の新名所

阪神タイガースがクライマックスシリーズで死闘を演じるなど、ファンを魅了する阪神甲子園球場。今年の球場への入場者数は前年実績(約380万人)を上回るのが確実な情勢だ。その熱気はスタンド外でもとどまるところを知らない。

球場外のレフトスタンド下に今年3月オープンした「甲子園歴史館」。球場側が見込んだ年間入場目標者数10万人は早くも7月に突破し、10月までに累計15万人に達した。全国から連日熱い甲子園ファンが押し寄せている。

それもそのはずだ。歴史館は甲子園を舞台に数々のドラマを演じてきた阪神タイガース、高校野球の歴史を一堂に集めた展示施設で、ファン垂涎の一品がごろごろしている。タイガース歴代選手のユニホームから実際に使用されたスコアボードの選手名板、「タイガース背番号ヒストリー」までファンの“知識欲”をくすぐる展示物のみならず、「箕島vs.星陵」「早稲田実業vs.駒澤大学付属苫小牧」など、各時代の高校野球の名勝負がダイジェスト映像で堪能できる。

甲子園球場は2007年10月から3期間にわたり、大規模な刷新工事を実施。内外野席や売店の改装、象徴の1つだった大屋根「銀傘」の架け替えなども行われた。歴史館はその一環で新設された、まさに集大成といえる。

(梅咲恵司 =週刊東洋経済2010年10月23日号)

※記事は週刊東洋経済執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。