安倍政権はなぜ「女性活用」に追い込まれたか

移民問題と「輝く女性」の意外な関係?

とにかく評判の悪かった女性閣僚たち

前経産相の小渕優子氏

「すべての女性が輝く社会をつくる」。それが安倍内閣の最重要課題だそうである。そのことを象徴するように今回の内閣改造では閣僚・党三役に6人もの女性が充てられた。

女性活用という標語をタテに閣僚ポスト待ちのオジサンたちからの突き上げを避けるという政治的目的もあったろうけれど、この人選、とにかく評判が悪い。彼女たちにはジェンダー論や女性政策の現在にとても追いついていない固陋で保守的な思想的傾向があって、女性活用に明らかに逆行しているというのだ。

ぼくも彼女たちの思想的傾向についての批評には同意できるところが多い。けれど、こうした批評が批判たりえるとして、その矛先が向くのは選ばれた政治家の中身を無視して数だけに注目したメディアであって、別に政権の政策そのものじゃないから、批判としてはいかにも不毛だ。

実際にかたちになる政策が重要なんであって、それを担当するのが男性でも女性でも、どうでもいいじゃないか。女性なのに女性に優しくない、とか目くじら立てても仕方ないでしょうに。

そもそも彼女たちのような女性は実際にいるのだし、しかも彼女たちは民主的な選挙で国民を代表しているのだ。それを閣僚に選んで、女性の活用と言って、それで何がいけないのだろう? 今回の人事を、内閣においてまで女性の登用を進めようとしたアファーマティブアクションと理解するならば、彼女たちの思想的傾向と無関係に、女性がこれまで以上に登用されたことだけでも価値があることになる。

次ページ彼女らの思想は、実際の政策には反映されない?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>米中の起業家人脈が共振

米国発祥のメイカームーブメント。個人でも企業と同様、世に流通しうる製品を生み出す動きを指す。深圳は今、メイカーズのハリウッドと呼ばれ、米国と中国の流れが合流しつつある。